ガトーの人生豚骨ベース

ガトーの人生豚骨ベース

メシがしょっぺえや……

情報は俺にはそんなにいらない

偉い人が情報はどんどん入れろみたいなことを言っていて自分もはえ〜そうか〜と思って情報アプリなどを入れてしばらくたったがメリットは正直ないかつデメリットは多大だった

強者の理論で生きては幸せになれない

自分で考え自分で決める

とにかく世の中の情報は綺麗なものはあまりないでしょ

自分はいちいち傷つくそして病む

だったら見ないほうがいいのだ 答えはいつも単純

腐った世の中に精神的隠居をかましていく

まだ若造の身分故に肉体的に山にこもることは難しいものがあるが精神的隠居ならすぐできる

鎖国じゃ鎖国

基本的に人間関係や情報を冷静に眺める それで自分に波長の合う勘合を持ってる人や情報だけと勘合貿易

どんな人がこようが(そうなんだぁ〜)で流していく 馬の耳に念仏 バカに説得だ

人は分かり合えないと分かった

正確には生まれつきの性質のようなものでこの人と合う合わないは決まってると自分は思うようになってきた

今まで話せば分かる派だったが波長の合わない人間と話すと同じ人間なのに別の言語同士で話してるみたいにまるで相手に通じない 理解してくれない

例えば バイトの時自分はババアAに無実の罪を被せられた時があった その時自分はこれこれこうでそうなると自分はやる必要性がないのでババアAの言ってることは嘘ですよといくら言ってもババアBは聞き入れてくれなかった

その時は本当に怒ってしまったが 振り返ると怒る必要なんかまるでなかった

怒りは無駄の境地なのだ バカに合わせて怒ってやる必要なんて全くなかった ただ呆れてやればよかったのだ あっ貴方達は俺と合う勘合を持ってないんだね、じゃあ鎖国するからバイバイ

俺に情報はそんなにいらない

必要なものは同じ波長を持った人間が風に飛ばしたものがやってくるf:id:doubutusuki:20180711102734j:image俺はもう汚い情報に浸かることに疲れた

幸せになる為に現代の日本では勝ち取って幸せになるのでなく自分にとって無駄なものを排除パージしていって楽に幸せになっていく方がクレバーな気がしてきた

今度部屋掃除しよう