ガトーの人生豚骨ベース

ガトーの人生豚骨ベース

メシがしょっぺえや…

俺と芥川さんは似てる気がする

f:id:doubutusuki:20180716151916j:image

急に虚しくなって

辛いというより心臓の辺りがザラザラしだして

今すごく死にたい

「僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」と言う言葉が本当にしっくりくる

過去の生活の総決算の為の自殺

分かるなぁ

文豪がこんな底辺内定ゼロお兄さんに理解されてたまるかって感じだけどそれは本当にすまんなww

タラタラと芥川作品に最初に出会った思い出みたいな

最初は国語の時間 お分かりの通り羅生門ですよ

ババアが髪抜くやつな

あれを見て思ったのが(随分綺麗で神経質な文章を書くな〜)って思ったんです 普段小説読まないどころか受験に関係ないなら小説などいらない 受験に分かりやすい小説だけ残れと思っていた高校生の自分が唯一と言っていいほど夢中になったのが芥川さんの作品

国語の教科書に載ってる作品で他に覚えてるものはない

それぐらい印象的で文章が結末に向かってまっすぐしている感じがとても自分好みだった

その日の昼休みにいつもは昼寝する時にしか使わない図書館に行って芥川短編集みたいなのを借りた

面白かった

1番のオススメは杜子春 あれは名作

死に至る病とはただ真面目過ぎた思考

辛かっただろうなぁ真面目に真剣にこんな完璧な文章書いてるのに若いからというだけで批判されて

そこで あーはいはいお前らには合わなかったね で済めば救われたんだろうけど

そんな考えには至らないだろう真面目だから

そして死んだ

自分は天国の芥川さんに「何の為にこいつも生れてきたのだろう?この娑婆苦の充ち満ちた世界へ」と言われてる気がしてならない

テレビに出てるようなスポーツ選手が異常なだけでこの世は真面目に生きれば損をするんだ

芥川さんも若い小説家を本に載せてあげようと頑張って奔走したのにまた批判された

人生は芥川さんの小説みたいに結末に向かって真っ直ぐ行ってくれない

転んで壁にぶつかって叩かれてそしてふと横を見てみたらバカみてえな顔したいかにもなバカが楽しそうにスキップしながら今まで辛く苦しく歩んでいた道をルンルンでいってるんだから

俺の人生バカにバカにされているようでバカバカしくてやんなっちゃうね

死にたがっているよりも生きることに飽きているのです

図太くなけりゃ生きていけないな

今生きてる全国の芥川さん達には嫌な奴らぶん殴ってそいつらから離れて川の近くで酒飲んで餌もつけずに釣りをするのがいい人生だと言いたいな

バカの尻拭いしてたら手がうんこまみれですよw

辛いとか悲しいとかそんなんじゃなくて唯飽きてきたとアイスが溶けていくように死んでいく

とても人間とは思えないバカに人間性を望むその性善説が貴方を殺すんじゃないか?

優しく生きればバカの餌

何も付けずに釣り糸を垂らして成り行きを見守りながら酒飲んでるくらいが丁度いいわ

『人生は常に複雑である。複雑なる人生を簡単にするものは、暴力よりほかにあるはずはない。』答えは見えたんだでも人に『人』を望んだなら辛くなって当たり前だ

俺は殴る嫌われようが叩かれようが途中で殺されようが殴ることを諦めたらこの世に飽きてしまう

 

最近暑くて大変ですね