ガトーの人生豚骨ベース

ガトーの人生豚骨ベース

メシがしょっぺえや…

鬱の時出会ったお風呂好きなおじさんに教えてもらったこと

俺は鬱だった

ごりごりに鬱だった

プライドが高すぎて人生を軌道修正できなくて

だめだだめだーってなってもうおしまいだと思ってたのに人生はまだまだ終わらなくて誰にも分かってもらえないような気がしていつも自分が誰かに責められてるような気分になってここから人生うまくいく気がしない劣等感で潰されそうでなんというか一言で言うと今すぐに死にたいなと思ってまして

まぁそんな感じだったんですよ

それで一回自分の足で温泉旅行に行こうって思って群馬の方まで行ったんすよ

やっぱり自分の足でなんかする なにかしないと死んじゃうんでね 足が樹海の方へ向かわないように行動ですよ樹海から遠い方遠い方 それで日帰りで行けるとこならいいなぁって

そこでなんていう温泉かわからないけど

とおくの 森の奥の温泉に行ったんです

駅乗って新幹線に乗ってバスに乗って森の中の方の温泉に着いて

そこでお風呂に入ってしばらくしたらおじさんが話しかけてきた 目と耳のデカイ妖精のようなおじさんだった

f:id:doubutusuki:20181124234307j:image

色々話してたら他にもいい温泉連れてってやるからって言われてついて行ったんですよそしてその人の車乗って

今考えるとその日あった人の車に乗るって結構やばいっすねw

車に乗って本当に別の温泉に連れてってもらったんすよそこでも色々話して

景色が綺麗でしたね また行きたいな

岩と湯気と森と冷たい風が吹いてて

すごいぬるい温泉だった

そのおじさんはぬるい温泉が好きだと言った

なんで?と聞いたら

長く入れるから、長く温泉に浸かってじんわり体が温まるのが好きなんだって言った

それで俺は ああ、本当に温泉が好きな人なんだなと思った

お風呂を出て脱衣所でおじさんの下ネタトークを聞いた こないだ会った女にに話しかけてエッチした話を聞かしてくれた 自分が本当ですか?と聞くと本当だよと言って温泉に浸かりながらおじさんのちんぽを掴んだ若い女性の写真を見せてくれた おじさんは得意げな顔をしてた 俺は笑った

それで帰ることになって帰り道車を止めてお店で飲み物を買ってもらった

飲み物を飲んでる時にも話した おじさんは結婚していてどっかの部長みたいだった

もう一回車に乗って女の話とかをしたおじさんは女が好きだった 女とエッチするのが大好きだと色々温泉とかネットとかを使って女の人と会って話すのが好きだと女は若い子もババアもどっちも好きだと話しながらエッチするのはババアの方がいいよと教えてくれた

しばらくして二人とも温泉に入ったのと喋り疲れたのか静かになって車の走る音しか耳に入らなくなった自分はなにか一つ言いたくなっておじさんに聞いてみた

「あの、人生って楽しいんですか?人生が楽しくなる時はいつですか?」

おじさんは言った

「まぁその時その時で楽しみ方は違うから、自分が楽しいと思うことを探すんだな」

 

行きは新幹線に乗って駅からバスに乗って温泉に行ったのだが

帰りはおじさんに駅まで送ってもらった

なんとも有難い 自分は頭を下げておじさんを見送った

 

ここで全て吹っ切れて人生最高!!って感じにはならなかったけどあの時入ったぬるい温泉のように徐々に自分の人生は好転している気がするそんな感じがする

ワイの思い出や 鬱になって温泉に日帰りで旅行に行って名前も知らないおじさんに車で駅まで送ってもらった いい経験やろ

じゃあな

 

※自分はブログを投稿する前に文章を見返すのだが ちょっと待って

おじさんごりごりに浮気しとるやないかい!!!

あっぶね💦騙されるところだった

たしかに違和感があった 奥さんいるって言ってた指輪もしてた!

でも若い女の子にちんぽ掴まれてる写真見せてもらった!

えーーー!?やっとるやないかい!

話しながらエッチするのはババアの方がいいって、もしかして嫁のことか!?

いやぁww

いいジジイだなぁwあれこそ人生楽しんでるなw

 

面白いじゃないか

また会ってみたいな

その時その時で楽しみ方は違うから自分が楽しいと思うことを探すしかないんやな

 

はいバイバイ