ガトーの人生豚骨ベース

ガトーの人生豚骨ベース

メシがしょっぺえや…

なぜ俺の文章は面白過ぎるのか?考察してみた

f:id:doubutusuki:20181203213430j:image

俺の書く文章があまりにも面白い

ツイッターとかブログの新規欄見ても

俺より知的でユニークな文章を書いている人は見つかりませんでした

PVが多い少ないに関わらずです

俺が1番面白いです

むしろpvが多いブログってつまんない文章書く人多いですよね、あれはなんだ

つまらない文章の方が世の中では需要があるということでしょうか

自分が珍しくこの人はおもろいなwと思った人があんまりpvないのを見ると本当にそうみたいですね

世の中の人はつまらなくなるように生きてるしバカになるようにはたまた怒るために文章をみているような気がしてならない もっと探せばその人が本当に知りたかったものやおもしろいと思う文章は転がっているのに 大体の人が表面のものただ見られているだけの情報 言うならばブログのマック、吉野家で満足していてとても残念だ

探す情熱さえあれば文章媒体においては面白いものは見つかる

宣伝もせず看板も掲げてない、しかしめちゃくちゃうまい隠れ家みたいな店 そのような文章はある

高田馬場にある謎のラーメン屋に行ってきたぞーい^_^ - ガトーの人生豚骨ベース

大体の人はつまらなくなりたいのだそして怒りたいのだ

だから世間の言うことなぞ一言も聞いてはいけない

マクドナルドブログに満足するような人間達とは絶対に相容れない 

全て俺の勝ち人生丸ごと俺の勝ち

どうあがいても俺が1番面白くて最高に決まってる

そんなわけで俺がなぜこんなにも面白い文章を書けるのか自分自身で考察してみました

 

 

 

才能があるから

昔から国語の点数が良かった特に現代文の評論は完璧にできた

小論文の授業があったがいつも先生に素晴らしいと言われた

ピカソなんだと思う自分は皆さんが大人になる時に身につけているかどうかわからない技術を自分は早くに身につけてしまった

ピカソが早めに教科書通りの絵画を完成してしまいキュビズムに転向したように自分も新たな文章作成の極致を目指しているんだろう

皆さんは文章で稼いだことはあるかもしれない

だからなんだそれがどうした?

皆さんは文章で人を笑わしたことはあるのかね?

文章で人を笑わせるには無駄を排除した状況説明、話の勢い、突拍子も無いユニークな発想、全てが必要だ 皆さんは見ず知らずの人に誰でも調べれば分かるような情報は与えることはできるかもしれないが私のように文章を通して人から爆笑を掻っ攫うことはできるのでしょうか?

これが私の才能です

残念ですがあまりにも皆さんと私の『格』が違い過ぎます、日々そう感じています

しかし、私はここで止まりません進み続けます

その他の才能に関しても、これ以上は皆さんの劣等感を煽ってしまうのでやめておきますね

とにかく私には才能がある 恐ろしいほど

 

挫折の数が多い

皆さんより自分は挫折が多い

だから面白いんです圧倒的に

挫折の数とはつまり挑戦した数とイコールです

右も左も同じようなことばっかり言ってるし書いている

くだらない はっきりいって君たちナンセンス

主婦ブロガーだとか専業ブロガーだとか金儲け系のブロガーだとかぜーーんぶつまんないんじゃ 足元にも及ばない

皆さんも少しは私におっ、これはいいなぁと言わせられる文章を作って頂けませんか?

皆さんの文章は言ってしまえば心太です

するりと胃に入ってしまうがなんの味気もない味付けなし心太です つまらないんですよあなた方は

みたいのはもっと深く黒い所 それでも前を向いて生きていくという強い精神

一発どでかいパッションのこもった文章

これがみたいんですよ私は

見ていれば分かります

どうですかこの私の魂の入りまくった文章は

もう文章でなくともいいんです私は魂が見たい

魂が入っていれば文章だろうが絵だろうが映像だろうが全て面白いんです

 

クズだから

皆さんはバイトを最速で何回でやめましたか?自分は二回です

皆さんは女をぶん殴ったことがありますか?自分はあります

皆さんはババアを殺しかけたことがありますか?自分はあります

優れた小説家ほどクズが多いのはご存知の通り

人間というものはなぜかクズほど愛をよく知っていたり人を感動させたり笑わせたりする文章を書けるんですよ

不思議かもしれませんが事実です

自分はまさしく正真正銘のクズです

プライドが高く自惚れで可愛らしい

見習えとは言いませんが皆さんも心の中にあるわだかまりそれを少しだけ出す練習をしてみてはいかがでしょうか?それが面白い文章を書ける一歩になるかもしれません

 

以上で私が面白過ぎる理由を書きました

さいなら