ガトーの人生豚骨ベース

ガトーの人生豚骨ベース

メシがしょっぺえや…

やっと俺の天職を見つけました!クズニートのバイト体験

 

tanosiiiii.hatenadiary.jp

tanosiiiii.hatenadiary.jp

tanosiiiii.hatenadiary.jp

tanosiiiii.hatenadiary.jp

tanosiiiii.hatenadiary.jp

tanosiiiii.hatenadiary.jp

tanosiiiii.hatenadiary.jp

tanosiiiii.hatenadiary.jp

ワイのバイト遍歴

飲食→当時ゴリゴリの鬱+孤独だったためバイトでパニック障害が起こってしまい人間関係が悪くなり女店長と揉めクビにされる このあたりから女に苦手意識が芽生える(女にはいい人もいるがgmな女はとことんgm 人の精神を殺しにかかってくるやつは本当に4んでくれまじで 高圧的つり目デブス狭量的な卑しい人間 嫌いです

 

倉庫のピッキング→仕事を探せと母親に言われ半ば無理やりバイトに応募されて気づいたら受かってた

最初の大きい荷物を運ぶ仕事の時はやさしいおじさん達と仕事ができて意外と楽しかった でもレールに小物を詰めるピッキング作業の時になったらほとんどなにも教えてもらえず列に入れられ 挨拶を強要してきた人にあいさつを返されなかったりと矛盾が目立ってきて腹が立ち怒られてもいいやっていつにもまして手を抜いて仕事をしていたところ一応長くいるバイトのような帽子後ろ被り腰パンDQNサトシに やるきあんのか!と言われ ないです帽子とか服装ダサいっすよっと言ったところ喧嘩になり 自分は喧嘩とかする人とお仕事したくないなぁと思ってそのまま帰ったバックレ

 

コンビニ→入った当初はすごくいいなと思った 店長さんが優しくてシフトも融通が利いた Aさんというバイトのまとめ役みたいな人にはすごくお世話になった

期待に応えようとかなりまじめに仕事をやり一緒に入った男の子や深夜帯の人と仲良くなる 一緒に入ったおばさんが超使えない人で何もできないやったとしてもすごく仕事が遅いので自分が1.5倍くらいやって仕事を終わらせていた

しかし、おばさんズになぜか因縁をつけられる 自分が仕事をやっていないと そう言われた 仕事中に抜け出してタバコを吸って毎回遅刻、しかし口からは人の悪口ばかりする人、キャンペーンのくじを中抜きして商品を窃盗しているのにも関わらず娘に人生を語り家族関係がうまくいってない視野の狭い人 そして自分と一緒に入ってる仕事できないゴミに そう言われた

まったくもって身に覚えのないことを冤罪にかけられていかに貴方が悪いかとくどくど言われて何を反論しようと話しを聞いてもらえず流石にキレてしまったがAさんが止めてくれた 後日おばさんズから勘違いだと謝られたが腹の虫が治まらなかった

じゃあなんでこいつらはいかに貴方が悪いということをくどくど演説していたのだろうか あのゴミたちはただ気持ちよくなりたかっただけなのだろうばばあのオナニーの道具として扱われたのが握った手の甲から爪が出るくらい腹が立った

でも仕事と割り切って働こうと思い未だに働かず文句ばっかりのおばさんズをほっといて黙々と仕事をしていた 

Aさんが他のコンビ二に正社員雇用された頃から人手不足が加速してまるで変な人がくるようになり深夜帯で仲良くなった人もやめると聞き 普通に辞めた

 

派遣→辛すぎていかなくなった その後大みそかに来ないか?と電話が来たが 理由をつけて断った

 

コンビニ2→意識高い高ーい系勘違い店長が無理だった

ああ、ここは無理だなって思った

店長の人間性が最悪だったので語ることはない 2回行ってバックレ

 

tanosiiiii.hatenadiary.jp

tanosiiiii.hatenadiary.jp

tanosiiiii.hatenadiary.jp

tanosiiiii.hatenadiary.jp

 

そして今のバイト

もうね 今のところ最高!!!

指図を受けなくていいし 一緒に入った人は軒並み説明が丁寧で優しいし 面白いからメモもいっぱいとって 完璧主義気味の自分は結構メモ取る時間が欲しい人なんだけどちゃんとくれるし メモ完璧だねってほめてもらえたし

空き時間に勉強しててもいい それに自分がこどものころの将来の夢に近い仕事で

うれしい

これからどうなるかはわからないがここで頑張っていきたいと思える仕事にやっと出会えました

自分はいつも最初は真面目にやるんだけど 足を引っかけてくるやつに会うと喧嘩腰になっちゃうんだよね でも優しい人がいる職場ならいつものクソまじめなまま働けるんだ自分は

あんなに働きたくなかった自分が今日は早すぎるよwといわれるくらいに着いてしまった 仕事はやっぱり どんな人がいるかによる 確信になった

人生もどんな人と一緒に歩いて生きていくか ではないかと

そう思って今日は満足げにピースに火を付けた

いつもより甘かった